債務整理でローンが組めない理由

債務整理を行ってしまうと、一定期間は住宅ローンや車を買う際に組むローンも組めません。

その理由は特定の”情報機関”に『事故情報』に載ってしまうからです。

信用金庫や金融会社、携帯電話会社などはCICやKSC、JICCに良くない登録されているか、そうでないかで信用を判断するのが一般的です。

『事故情報』に気をつける必要があります。過去に任意整理や自己破産などを行ってしまうと、”特定の機関”に情報が記録されてしまい、信用を失います。

 

可能なら金融業界あたりからお金を借りたり、ローンを組んだ場合はトラブルなく返済すべきです。

相手側も商売ですから、損害を与えられそうになれば何らかの対処はします。

一般的な手段は返済の要求やネゴシエイトになりますが、法律家を挟まれれば負債者の要求を飲むか、法廷で戦うか、どちらかになるはずです。

大体の企業は法律家の要求を飲むことが多いですが、そのかわりCICやJICCあたりに『事故情報』を記録します。

 

債務整理や自己破産をした後は無償で済みません。

中には穏便に済ませる企業は存在しますが、明らかに数は少ないと言えます。

債務整理並びに任意整理をする場合はしばらくはローンを組めなくなることは覚悟すべきです。

 

 

債務整理の後、いつからローンが組めるの?

債務整理の後にローンは組めます。

しかし、一定の”情報機関”から見ると信用が無いため、ローンを組むことは不可能に近いです。

『事故情報』として記録する期間は選んだ債務整理によって、期間が変化します。

例えば、CICに対してなら、自己破産をすれば「約5年間」は登録されてしまうのが痛いところです。

個人再生は直接登録するようなことはありません。

しかし、債務整理前に返済を三ヶ月間停滞させてしまった場合は、約5年間は記録されます。

 

KSCだと任意整理、個人再生や自己破産はすべて「約5年」は『事故情報』として記録されてしまいます。

任意整理に関してはストレートにJICCに情報が記録されることはありませんが、保険会社が代位弁済を行った場合は、数年間は信用がないとレッテルを貼られてしまうのが問題です。

自己破産は非常に長く、「およそ10年間」は『事故情報』として記録されてしまいます。

 

基本的に金融会社や信用金庫から一度、信用を失えば大変なことになります。

『事故情報』は一年以内で済むものではなく、数年間、長い時は10年もの間に渡り、信用を失う羽目になるのが問題です。

現代の日本の金融会社や携帯電話会社あたりは、国内の機関だけで審査する訳ではありません。

 

家族の力を借りてローンを組む人も

信用を失い、『事故情報』が記録されている間は自力でローンを組むのは至難の業です。

100%できないという訳ではありませんが、期待しにくい(不可能に近い)と言えます。

よって、『事故情報』が解除されるまでの間は家族の力を借りて、ローンなどを組む人がいらっしゃいます。

 

自分の名義ではローンを組めないため、家内の者の名義で組んでもらう必要があります。

そうすれば欲しかった車や携帯電話、住宅が手に入れられますが、あくまで自分の契約で得たものではありません。

支払う義務がある者は債務整理をして、『事故情報』を記録された本人ではなく家内の者です。

名義を借りる行為は決して軽くはないと言えます。支払うべきお金は名義を貸してくれた者に渡すか、相談する必要はあるでしょう。

 

一度信用を失うと契約やローンを組む時に不都合が生じやすくなるのが最大のデメリットです。

日本の金融業界や契約電話会社が、相手の信用を確認する場合はCICなどが審査基準になっています。

個人情報を伝達すれば、相手側は審査をかけます。

『事故情報』が原因で引っ掛かってしまえば、丁重にお断りされるはずです。

『事故情報』の解除がされるまで長い期間がありますが、終わるまでは辛抱するしかありません。

 

債務整理の前に専門家に相談しよう

債務整理はメリットが沢山有りますが、代償も大きいです。

金融業界やお金を貸す事で営利を得ている所では、債務整理や任意整理は大損害になります。

専門家に依頼して対処してもらう負債者にとっては救済ですが、お金を貸す側は無言では済みません。

 

金融業界や信用金庫、携帯会社側としては、専門家から債務整理を要求されて、やむを得ず処理を認めた場合、CICなどに報告することができます。

要は相手の信用をしばらくの間、失わせることが可能です。

金銭的な実害を受けて、信用金庫や企業側が黙秘することはほとんどありませんから、注意したいところと言えます。

 

債務整理や任意整理を行う前に専門家に相談すべきです。

知識があまりない状況で、いきなり任意整理などを行うと後悔してしまう可能性はあります。

あらかじめ、法律のプロに相談しておけば、メリットとデメリットを明確に教えてくれるのは大きなポイントです。

また、債務整理などを行う場合は、『事故情報』と、その登録された情報の対処方法や仕組みなどを明確に聞いておけば、後が楽になる可能性はあります。

 

事前に『事故情報』の性質や仕組みを知ってしまえば、どうやってローンが組めるようになるか、どんな不自由さが出てくるか、理解しながら対処できます。

 

消費者金融の債務整理に強い弁護士・司法書士をお探しの方はこちら