収入が300万円未満なら残念ながら自己破産か個人再生が無難

収入が200万円台という場合、単純に1ヶ月分にしてみるとだいたい20万円程度ということになります。

毎月返済をしていくということになると、何とか工面して5万円程度が限界であり、家賃などを加味すれば、それ以上の返済は非現実的となり、できたとしても長続きしません。

しかも、元金だけでなく、利息も加味されるため、このまま返済をしていくことは、はっきり言って無謀ということになります。

 

借金が400万円あるということは、1年間の年収を大きく上回っていることを意味しており、1年間一生懸命働き、それを丸々返済に費やしてもまだ残っている状態となります。

この状況では、いくら自己破産はしたくないと言い張っても、自己破産、もしくは個人再生をしなければどうにもならないのは明らかです。

むしろ、速やかに自己破産や個人再生を行い、新たなスタートを切ったほうが次につながりやすいと言えます。

 

少なくとも、借金が収入を上回るような状況は異常でしかなく、その中で何とか返済をしようとしても限界が生じます。

いずれ自己破産をしなくてはならない状況となるのなら、今の時点で自己破産をしたほうが無難であり、再スタートが早い分、幸せになるのも早くなります。

 

300万円以上でもせめて任意整理で利息をストップさせるべし

300万円以上の年収がある場合であっても、そのまま何もせず返していくのはあまり得策ではありません。

まずは任意整理によって利息をストップしてもらうことをおすすめします。

任意整理の場合、裁判所はタッチせず、弁護士と債権者である金融機関との話し合いで終わり、たいていの場合は応じてくれることになります。

以前に、高金利で返し続けていた場合には借金が圧縮される可能性があり、それでいて元本のみを返していくことができるようになります。

 

400万円あった借金が任意整理によって半分程度に圧縮でき、それでいて利息を免除してもらうことになれば、数年間で返済を完了させることが可能です。

もちろん、カードローンの使用などはできなくなりますが、自己破産によって財産を失うこともなければ、公告によって氏名や住所が晒されるようなこともなくなり、誰かに自己破産の存在を知られることもなくなります。

300万円未満ではそれでも負担が多いですが、300万円以上の場合にはなんとかそれで返済ができるようになります。

 

任意整理をすることで、元本の圧縮は無理でも利息が免除されるだけでも、明確に返済のゴールラインが見えるため、ぜひとも任意整理はしておきたいところです。

 

法的手段を全く使わないなら実家に帰って節約の鬼になれ

自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を一切しないで、自力で返済を検討するという場合、無駄なものを徹底的に省き、収入が丸々返済に使われるような状況にしていくしかありません。

そのためには、今住んでいるアパートなどを出払って、実家に戻り、節約に努めることが大事です。いわゆる入りを増やして出を減らすことにより、返済に使えるお金を増やすことができます。

考えとしては繰り上げ返済のような形に似ており、返すお金が増えれば、それだけ返済スピードも速まります。

 

これがアパートに住みながらということになると、捻出をするのにかなりの費用がかかりますが、実家であれば捻出にさほどの労力をかけずに済みます。

もし、実家から多少の援助があったとすれば、それを上乗せしていけば、返済のスピードは確実に上がり、段々とその負担は減っていきます。

 

借金返済のために帰ってきたという事実に、実家に住む親などは反発することが予想され、多くの金額を返済する事実に対しても嫌な顔を見せるなど、最初の部分でかなり大変な思いはするはずです。

しかし、目に見えて返済額が減り、段々と余裕を見せてくれば、その雰囲気も緩み、むしろ一緒に住んでいるということが親孝行となることもあります。

 

債務整理は悪いことではない、借金はなるべく早くリセットがおすすめ

とはいえ、債務整理をすること自体は何も悪いことではありません。

むしろ、借金を早くリセットしたいという意思表示でもあるため、その気持ちは強く持っておく必要があります。中には、借金をしたのにそれを踏み倒すようで嫌だという人もいますが、結局返せなければ何の意味もなく、逆に何が何でも返さなければならないという焦りが予期せぬトラブルを招き、結果として多くの人を悲しませることになってしまえば、元も子もありません。

だからこそ、債務整理をして再スタートを切ることはやっておくべきです。

 

金融機関の側にしても1円でも多く返ってくればそれで十分であり、自己破産をされて丸々回収不能になるぐらいであれば、任意整理を行い、利息分を放棄してでも元本部分が回収できればそれで十分です。

そうした心理もあるため、まずは任意整理を行うことが求められます。そして、家族からの援助が見込まれる場合も同じであり、結局は家族にコツコツと返していくことになり、構造としては同じことです。

 

大事なことは、どのようにして返済をしていくかであり、ごまかしながら苦しい思いをして返していくのか、スッキリとした気持ちで返していくのかの選択となります。

スッキリとした気持ちで返したいのであれば債務整理が一番の選択肢です。

 

消費者金融の債務整理に強い弁護士・司法書士をお探しの方はこちら