そもそもブラックリストってなに?存在するの?

借金の話題になった際にブラックリストと言う言葉が出ることがあります。

一般の人にはあまりなじみのない言葉かもしれませんが、実際には多額の借金を繰り返し返済が滞っている人や、過去に債務整理を行ってそれほど期間が経っていない人は、ブラックリストに掲載され新たな借金ができないといったことが少なくありません。

そもそもブラックリストとは金融機関が利用する信用情報機関にその名前が登録されている人のことを指し、このような人は要注意人物として金融機関がチェックすることになるところから生まれた言葉です。

信用情報機関は複数あり、それぞれその人の借金の状況や過去の返済履歴、さらには債務整理を行った場合の履歴などが記録されており、金融機関が照会できるようになっています。

金融機関はこの情報を確認した上でその人にお金を貸したりローンを組んだりすることができるかを判断することになるため、基本的に借金の借り入れ額が多かったり、過去に債務整理を行った人などは信用がないと判断され、審査に落ちてしまうことになります。

この信用情報機関は主に商社金融やクレジット会社が利用することが多く、そのため信用情報機関に情報が載るとほとんどの商社金融やクレジット会社では審査を通さないため、ブラックリストと呼ばれるようになっています。

 

任意整理なら5年、個人再生と自己破産なら10年が目安

債務整理を行った場合、信用情報機関は該当する該当する金融機関からの届け出を受けてその情報を信用情報として登録することになりますが、その情報はある程度の保管期間が定められており、その期間を過ぎると情報が抹消されるため、これまで通り経済状態が良ければお金を借りたりローンを組むことができるようになります。

その情報の保管期間はそれぞれの信用情報機関により異なりますが、任意整理の場合でおおむね5年、個人再生と自己破産なら10年が目安となっており、概ねこの期間を過ぎれば情報が抹消されることになっています。

 

ただし注意しなければならないのは、あくまでも審査を行うのは金融機関であり信用情報機関ではないため、任意整理の情報が消える前に信用情報機関の情報を参照しブラックリストであると判断した場合にその情報を金融機関が一定期間保持するケースがあります。

その場合には金融機関の規定によってその保持期間が決まるため、医療情報機関からその情報が消えていたとしても必ず審査が通ると言うわけではありません。

特に個人再生や自己破産の場合には金融機関の規定で金融機関の情報得た時からさらに長期間保存するケースも多く、中には半永久的に保存している金融機関もあるので注意が必要です。

 

厳密な開始の日は定められていないけど、だいたいの和解日や手続き開始日から数えることが多い

債務整理の情報がブラックリストに登録される日付は、厳密な開始の日は定められていませんが、大体の和解日や整理の手続き開始日になることが多いものです。

そのため、その日から数えて任意整理であれば5年、個人再生と自己破産なら10年と言う期間が 1つのブラックリストの目安となります。そのため新たなローンや融資の申し込みを行う場合には、概ねこの程度の期間を考慮して申し込んだほうが有利になる可能性が高くなります。

 

しかし、債務整理の原因となった金融機関はその情報を半永久的に持っていることが多いので、ほとんどにおいて融資やろうについては審査が通らないことになります。

また最近では金融機関の情報を共有しているところもあるため、そのような所では信用情報機関の情報が抹消されても、過去にそのような前歴のある人に対して融資を行わないと言うところもあるので注意が必要です。

 

そのため、信用情報機関に債務整理の情報が掲載された場合、基本的には新たな融資を受ける事はなかなか難しくなると考えた方が良いものです。

信用情報機関の情報は5年または10年で抹消されますが、実際のブラックリストとしての扱いはその後も金融機関により継続する可能性があるため、十分に注意することが必要です。

 

家族の力を借りてローンを組む人もいたりするらしい

ブラックリストの状態になった人が新たにローンを組む場合には、ローン会社によってはなかなか審査が通らないことが少なくありません。

信用情報機関に掲載されている5年ないし10年の期間はもとより、俺を経過した場合であってもローン会社によっては情報が抹消される前に入手した情報を保管していることにより過去に債務整理の履歴があったことを把握し、審査を通さないと言うことも多いからです。

 

そのためこのような人の場合には、家族などを連帯保証人にしてローンを組むケースも少なくありません。

ローン会社によっては連帯保証人がついている場合には審査が通ると言うケースも多く、このような場合には連帯保証人をつけることを前提に審査を通しローンを受けることができる場合も多いのです。

 

ただしこの場合、連帯保証人となる家族に一定の収入があることや、債務整理等の前歴がないことが条件になることが多く、連帯保証人となる家族の信用情報も照会されることになるので注意が必要です。

連帯保証人の場合には本人が返済できない場合保証人が返済する義務を負うので、ブラックリストに掲載されていない人であれば基本的に審査が通ることが多いのです。

このようにして、家族の力を借りてローンを組む人も最近は増える傾向にあります。

 

消費者金融の債務整理に強い弁護士・司法書士をお探しの方はこちら